夢でささやくピアノ

クラシックピアノとジャズピアノの両立を目指す、65歳ゆめこの迷走記録

108歳のピアニスト、コレット・マゼさんがすごい

 

 

108歳、コレット・マゼさんの演奏風景にビックリ

先日、久しぶりに書店に並んだ新刊を眺めていると、日本で最高齢ピアニスト

として話題の室井摩耶子さんのエッセーが積まれていた。

御年、100歳を超えて演奏と出版とはすごいなぁ、とただただ感心するばかり

だが、このほど夫が教えてくれた108歳のピアニスト、コレット・マゼ

( Colette Maze ) さんの演奏風景を、初めてまともにYouTubeでみて、

「上には上がいる」と思った。

(それまで失礼ながら、大したことないだろうと思っていたので、調べる気に

ならなかったのだ)。

それはもう、「〇〇歳のおばあちゃんがドビュッシーを弾いた!」のような

高齢をウリにしたような次元の演奏ではないからだ。

よほど筋肉というか、腱が柔軟なのか、手指が鍵盤を這うように動くのをみて

いると、あきらかに65歳の私にないものをお持ちのように感じる。

それはまず、「la souplesse=しなやかさ」ではないかと思うのだが。

ちょっと長いが、2021年4月に撮影された動画がいちばん新しいようなので

下に貼っておく。

冒頭の演奏部分だけでも、チラ見していただきたい。

 

www.youtube.com

 

コレット・マゼさんの生い立ち

コレットさんは1914年6月16日パリ生まれだから、現在108歳ということになる。

同年の7月28日に第一次大戦が勃発している。

日本のドビュッシー研究の、草分け的存在の安川加寿子さんが、1922年生まれ

だから安川さんより8歳もお姉さんなのだ。

かなりのブルジョワの家に生まれたコレットさんは、5歳でピアノを始める。

厳格な両親の教育から、なかば逃避するようにピアノに夢中になり、15歳で

エコールノルマル音楽院に入学。アルフレッド・コルトーの指導を受ける。

卒業後は後進の指導にあたるも、第二次大戦勃発で看護師となる。

戦時中はピアノが弾けなかったため、テーブルをピアノ代わりにエア練習して

いたようだ。

戦後はピアノ教師に復職したが、84歳のとき、息子さんの強い勧めがあって

初めてアルバムを発売、現在計6枚のアルバムを世に出している。

通算すると100年もピアノを弾いている、ということで世界中で話題になって

いる。

 

コレット・マゼさんの日常

やっぱり、フランス人だなと思ったのは、

「シャワーは毎日しないが、ピアノは毎日弾く」

とおっしゃっていたこと。

また別の動画では、息子さんが、

「母は多くは食べられないのですけれど、チーズ、チョコレート、そしてワインを

好んで飲んでいます」と言っていた。

室井摩耶子さんはステーキを常食していると言っていたので、肉は高齢者に

とってマストかと思っていたが、そうでもなさそうなので、よかった。

だって毎日ステーキなんて、家計がもたない。

 

トシをとったらテクニックの向上は望めないが

現実を突きつけられたように思ったのは、インタビュアーが、

「毎日の練習で技術が向上すると思いますか?」とたずねたのに対し、

即座に「ノン」であったこと。

日々の鍛錬で向上、改善が見込めるのは感性や知恵であってテクニックではない。

「私たちはアクロバットを求められているのと同じだから」。

たぶん、そうだろうね。

ランランとかユジャ・ワンのを見ていると、アクロバットかもしれないね。

 

よい演奏家になるためには

それでも、がっかりすることなかれ。

テクニックの向上は望めなくても、よい演奏家になることができるのだ。

「音楽を愛し、ダンスを愛し、歌を愛しましょう。

ピアノは決して音階だけではないのです。」

はい、こころがけます。

でも。

それにしても黄色いブラウスがよく似合ってるなあ。

108歳であんなに小綺麗でいられるなんて、ハードル高すぎかも・・・

 

 

 

 

本日はブログにご訪問ありがとうございます。

よろしければ、ぜひワンクリックをお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ ジャズピアノへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村