夢でささやくピアノ

クラシックピアノとジャズピアノの両立を目指す、65歳ゆめこの迷走記録

追悼、オリビア・ニュートンジョンさん

 

リビアニュートンジョンさん、73歳で死去

今朝、起きてからパソコンをつけたら、オリビアニュートンジョンさん

死去のニュースが目に飛び込んできた。

享年73歳とのこと。

乳がんと闘っていたことは知っていたが、ダメだったのか・・・

多分最新式の治療は施されていただろうに、と思うとがんの怖さを改めて

感じる。

ご冥福をお祈りいたします。

 

売れに売れていた1970年代後半から80年代

オリビア・ニュートン・ジョンさんは、1970代後半から80年代にかけて、

それこそ世界のポップス界を席巻したかただが、当時、私はそれほどファン

だったわけではなかった。

というのは、どこへ行っても彼女の曲を聞かされるのに少々ウンザリしていた

からである。

特に「そよ風の誘惑/Have you never been mellow」はすごかった。

1975年のヒット曲とのことだが、テレビ、ラジオ、スーパー、歯医者さんの待合室

でも聞かされた。

彼女の歌そのものではないが、オルゴールでの「そよ風の誘惑」を、電話の

保留音として使っているところも多かった。

待っている間にこれをえんえんと聞かされると、もう切ってやろうか、とも

思ったものだ。

そして、彼女は非のうちどことのない、べっぴんさんだった。

金髪、青い目、白人、スタイル良し、透き通るようなソプラノでしょ。

私はどちらかというと、カレン・カーペンターのような落ち着いたアルトが

好きなのだ。

そして、音楽のジャンルも当時はアメリカン・カントリーぽいものを歌っていた

印象が強い。

www.youtube.com

 

1978年の映画「グリース/Grease」が楽しい

見直した、と言っては非常に失礼だが、その歌唱力、ダンスにも驚嘆されられ

たのが、ジョン・トラボルタと共演した1978年の映画「グリース/Grease」だ。

良家のお嬢さんから、不良少女に変身して、トラボルタと掛け合うシーンは

何回見ても楽しい。

しかしこのときのオリビアさん、ウェストがあり得ないほど細いね。

www.youtube.com

1981年のヒット曲「Physical」とエアロビクスのブーム

さらに、脱帽させられたのは、1981年のヒット曲「Physical」だ。

こんな大人向けのダンサブルな曲も歌えるんだ、と驚いた。

この曲は歌詞が物議を醸し、アメリカでは放送禁止になったところもある、と

聞いたが、いかんせんネイティブでない私には、どこが鼻血が出そうなのか

わからない。

ただ、ビデオクリップをみるたび、笑える。

みた後何分かは、「シェイプアップしないと!」と思わせられること、確実だ。

www.youtube.com

リビアさん、数々の歌とダンスでわたしたちを楽しませてくれて、

本当にありがとうございました。

 

 

本日はブログにご訪問ありがとうございます。

よろしければ、ぜひワンクリックをお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ にほんブログ村 音楽ブログ ジャズピアノへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

夢でささやくピアノ ― クラシックピアノとジャズピアノの両立を目指す、65歳ゆめこの迷走記録 - にほんブログ村