夢でささやくピアノ

クラシックピアノとジャズピアノの両立を目指す、ねむいゆめこの迷走記録

「ピアノの練習音など聞けたものではない」は誰が言ったのか

「ピアノの練習音など聞けたものではない」は先生の言

きょうの記事のタイトル「ピアノの練習音など聞けたものではない」を言った人は誰か?

私ではない。

先生が言ったのだ。

私は「えーーーーー! 先生でも!」

と仰天したので、忘れずに書いておくことにする。

ことの起こりは今日のレッスン、ナザレーの「オデオン」の連打部分である。

前回は↓の楽譜部分の「シシシ」において脱力が充分でない、ということで何回も繰り返し練習をさせられた。

 

連打部分の脱力不十分で特別練習

今回はなぜか「シシシ」に関してはお咎めなしで、オクターブに近い間隔で手を拡げて連打するところが脱力不十分ということで特別練習になったのだ。

特別練習とは、まず先生が連打部分を弾く。

先生の指が離鍵するやいなや、私が先生の手首を下から上にはねのける。

もし先生の脱力が不十分だったら、はねのける役の私は抵抗を感じるはずである。

ところが先生は充分脱力できているので、私はただ先生の手首をふわりと持ち上げているだけなのだ。

「力が必要なのは打鍵するときだけで、あとはふにゃふにゃの手でいいんです」

ピアノの鍵盤を力強いタッチで弾く手とふにゃふにゃの手。

なんか私には矛盾するように感じるんだけどなぁ。

ベートーヴェンバイオリンソナタ4番

もしテンポがゆっくりであれば、離鍵して手が上にあがったとき、手を若干すぼめるようにしたら脱力できるらしい。

しかしテンポが速くなれば、手をすぼめるヒマはないので、そこをどうするかということになる。

しかしピアニストというのは高速テンポで弾いた時も、離鍵の0.何秒、または0.0何秒か後には脱力できていないといけないそうだ。

先生はその例として、今アンサンブルの稽古をされているベートーヴェンバイオリンソナタ4番の連打部分を弾いてくださった。

見ている私は、

「ひぇー! これは一生かかってもできへんわ」

と思っただけで脱力のヒントは得られなかったけど。

ところでこの曲バイオリンソナタ4番は「クロイツェルソナタ」とテイストが似ていて、「クロイツェルソナタの下書きみたい」と先生は笑っていた。

よし、じっくり聴いて見よう。

私はなぜか今やベートーヴェンピアノ曲で弾いてみたいと思う曲はゼロなのに、バイオリンソナタの「」とか「クロイツェルソナタ」は寝る前に聴きたくなるほど好きなのだ。

www.youtube.com

忍耐心と克己心のピアノ練習

そうこうしていると突然、先生が、

「いつもピアノの音が聞こえてくるおうちっていいですねぇ、とか言われない?」

私は首をかしげて、ちょっと怪訝そうに

「ええ」

と言うと、

「あれ、絶対何も知らないひとがいうことだよね!

ピアノの練習音なんか聞けたものじゃないから。

そりゃ最初からCDみたいにダーッと弾ければいいわよ。

でもそうじゃないもん。

おんなじ音を繰り返し繰り返し、もうノイローゼになるよね」

これを私が言うのなら何も不思議はないが、先生が言うのだから恐れ入った。

ああ、やっぱりそういうものなのか。

練習というか、修行というものは。

ピアノというか楽器というか、音楽をやっているひとはみな、すごい忍耐心と克己心にあふれたひとたちと思わざるをえない。

 

藤竜也さんの英語とか愛のコリーダとか

藤竜也さん1984年発表のLP

あのカッコよかった藤竜也さん82歳

今朝、何気なくYouTubeを開いてみたら、「藤竜也さん英語がペラペラ」という文言が眼に飛び込んできたので、思わずその動画を見てしまった。
別にいまさら、英語が話せるからと言ってその人がインテリとは思わないが、表現を生業とする人、つまりアーティストとか俳優とか作家とかが(ピアニストも!)、簡単な英語のインタビューにも答えられないというのは、なんでやねん(?)と不思議であり、残念な気がする。

だから

「え?藤竜也さん、英語ペラペラなん?」

と嬉しくなってしまったのだ。

だって私はNHK銀河ドラマ「冬の虹」(1979年)以来の藤竜也さんのファンなのだ。

その藤竜也さんももう82歳?

そしてグーグル画像で藤竜也さんを検索すると、よっぽど探さない限り、お若いときの画像はでてこない。

あんなにカッコ良かったのに(今もステキだけれど)。

というわけできょうのサムネイルには、お若いときに発売されたLPレコードのジャケット写真を貼ってみた。

藤竜也さんの英語による授賞式スピーチ

さて藤竜也さんが流暢な英語を披露された、アメリカ・ジャパンカップでの特別生涯功労賞授賞式(7/18日)は以下の動画の通り。

ひとことで言えば「英語ペラペラ」ということになるのだろうが、原稿も持たず、普通にいつもしゃべっているような感じで観客に向けて話しているのがとてもよかった。

www.youtube.com

藤さんがニューヨークを訪れたのは2回目。

初回はなんと50年前で、「愛のコリーダ」上映のためにリンカーンセンターに行かれたらしいのが、検閲を通らなかったため、上映されなかったそうだ。

それが50年たってこの授賞式の翌日、ニューヨークのあるシアターで「愛のコリーダ」が上映されることになった、と藤さんはとても喜んでいた。

締めくくりは

「Movie is wonderful,  Life is wonderful, thank you !」

観客みんなに藤さんの気持ちが伝わるいいスピーチだったと思う。

パリで上映されていた「愛のコリーダ

ところで「愛のコリーダ」だが、私はこれをフランス留学時代に観ている。

よく調べたらこれは日仏合作映画なんだ。

それは知らなかった。

たしか90年代の初頭だから、日本ではまだこの映画の無修正版は見られなかったように記憶している。

私は大学に通うかたわら、単発で通訳のアルバイトもしていたので、フランスに商談できていた日本のモーレツビジネスマン氏たちに、「愛のコリーダ」の上映館とか上映時間を教えてあげた。

パリによくある、マイナーな映画ばかりを上映している小さな映画館だったと思う。

そしてビジネスマン氏たちにはえらく喜ばれた。

たぶん通訳の仕事よりもずっと。

クインシー・ジョーンズの「愛のコリーダ

きょうの音楽は私の恥ずかしい勘違い記憶から1曲。

1981年にヒットしたクインシー・ジョーンズの「愛のコリーダ」。

最初タイトル名を聞いた時、あの映画「愛のコリーダ」のテーマ曲なのか?と勘違いしてしまったよ。

真相は、映画「愛のコリーダ」(Ai no Corrida)という発音から拝借したタイトルであって、映画とは何の関係もないことが後日わかって非常に恥ずかしい思いをした。

それにしてもいい曲だなぁ。

今聴いても全然古くない。

www.youtube.com

ハリスさんはトランプさんに勝てるのか?

バイデン大統領選挙戦から撤退声明

バイデン大統領が選挙戦から撤退するんだって?

ああ、やっぱり。

実は先週の金曜日、フランス語のムッシュー先生とこの話に熱がはいったばかりなのだ。

先生の意見では、

「あんな老人にアメリカ大統領はもうつとまらない。

さっさと次の候補者にバトンを渡すべき」

というものだった。

でも私はバイデンさん支持でもないのだが、不思議に思うことがある。

彼がお年を召しているのは前からわかっているし、言い間違いは若い人にも起こるという記事も書いたばかりであるので。

kuromitsu-kinakochan.hatenablog.com

「どうしてアメリカの大統領は身体的にすぐれていないといけないんでしょうか?

私は必ずしもその必要性はないと思うんですが。

太古の昔から村には長老というのがいて、その人は自ら武器を取って走ったりしないものです。

例えばクロサワの『七人の侍』で、『野武士から村を守るためには侍を雇うしかない』という英断を下したのは、いつも座っている長老だったはずです」

しかし知識と経験だけではアメリカ大統領にはなれないものらしい。

とにかく身体能力にも秀でた強いリーダーでなくては!

トランプに勝てる候補は誰?

ムッシュー先生によると、

「とにかくトランプ再選を阻止しなければならない、彼に勝つためには誰がいいのか?」

ということになるのだが、

ミッシェル・オバマがいいと思うんだがな。

On dit qu'elle est très intelligente (彼女はすごくアタマがいいらしいよ)」

「でも選挙にでる気はないってずっと言われてますよ」

「ならハリスでもいいな。

とにかく今の副大統領だから、実務経験は充分あるってことだし」

「でもあんまり人気はないらしいですよ」

La popuralité, ce n'est pas le tout!(人気がすべてではない)」

どうも私はムッシュー先生に逆らうことばかり言っているみたいだ。

あげくに

「このままだと99%はトランプが次期大統領になると思います」

と言って先生をがっかりさせた。

トランプが大統領になったら日仏に起こること

トランプが大統領になると、日仏両国に悪いことしか起こらないと先生は言う。

そうなんだろうか?

私には「日本は防衛費をもっと負担せよ!」と言われることぐらいしか思いつかない。

それも困ったことには違いないけれど。

ウクライナはどうなる! このまま見捨てるのか!」

ああそうだな。

そう言えば共和党の誰かさんが、

ウクライナがどうなろうと知ったことではない」

と言っているのをネット記事で読んだ。

私たちは今ひょっとして歴史の転換地点にいるのかもしれない。

そうとはわからないだけで。

未来に大変なことが起こるかもしれないのに、私は呑気にピアノを弾いているわけだ。

でも逆に言えば、何が起こるかは誰にもわからないから、とりあえず今やっていて面白いことをやるしかない、それのどこが悪いん?と開き直っている。

それにアメリカ大統領が誰だの、フランスの極右はどうだの、と適当なことを言える語学レッスンのいいところだろう。

こういう話題はだいたいデリケートだし、友だちにふっても引かれるだけだろう。

SNSで発信すれば炎上するかもしれないし。

でもこれからはチャットGPTのせいで語学学校に通う人はだんだん減るのかもしれない。

何にしても先が読めない世の中になった。

譜読みが忍耐テストみたいなバッハパルティータ2番カプリッチョ

譜読みに時間がかかりすぎなクラシックピアノ練習

私の通常のピアノ練習時間は一日計2時間30分(午前1時間30分、午後1時間)。

不思議なことになぜかこの時間を超えると、どこかが痛くなる。

首とか肩とか。

それも左ばっかり。

どこか良くない弾き方をしているのだろうが、これは長いスパンでみて治していくしかないと思っていて、とりあえず2時間30分を超えないようにしている。

そしてクラシックジャズの割合は2対1。

これはクラシックのほうが好きだからではなく、ジャズであればどんな曲でも、コードさえ追っていけば内容はスカみたいなものでも一応は弾けるが、クラシックは譜読みに時間がかかるからである。

もうこれはなかば忍耐テストに近い。

たとえばバッハパルティータ2番カプリッチョ

7月のアタマから始めているが、いまだに譜読みは終わりそうもない。

たった4ページなのに。

ちょっとこれは私には難しすぎた、ということかもしれない。

認知機能に問題があるのでは?

譜読みをやっていると、ときどき私の認知機能に問題があるのでは?と思ってしまう。

たとえば今はほとんど全部の音符に指番号を振っているのだが、ここは4から指くぐりをして1、というときでも手癖で3で指くぐりをしてしまう、というのはしょっちゅう。

音価どおりに伸ばすところも、ロマン派ならペダルを踏むからアバウトでいいかもしれないが、バッハは厳格に押えるべきところは押さえていないといけない。

「あ、でも今のは2の指が離れてしまったな」

と気がつき、はい、もう一回。

でもたま~に調子のいい日もあって、

「これなら12月のバッハコンクールに間に合うかもしれない」

と思ったりするから、根っこが楽天家なのだろう。

でも客観的にみて、こんな難しい曲をバッハコンクールでいいかげんに弾いたら昨年の合計点より下回ってしまうかもしれない(予選落ちは想定内)。

アルゲリッチのはもう、速すぎて神技

ゆっくりゆっくり練習を続けるとして、最終的にはどのテンポを目指せばいいのだろう。

いろいろとYouTubeをあたってみたが、アルゲリッチのはもう、速すぎて神技としかいいようがない。

指を見ているだけで目が点になるのだが、不思議に

「前髪がじゃまやないのかなぁ」

とよけいなことが気になってくる。

www.youtube.com

グールドは意外に遅めに弾いている

ところがグールドの演奏をきいてビックリした。

わりとテンポが遅めなのだ。

「これくらいのテンポなら弾けるかもしれない」

と幻想を抱くなんと私のアホなことよ。

www.youtube.com

アホさ加減は別としてとりあえず、テンポはグールドより絶対に上げないことにしよう。

ああ、速く譜読みが終わってヘタでもいいから音楽をやっているという感覚があればいいのに。

今のままでは単にミスタイプの連続でしかない。

いや、音楽的なかたなら譜読みという作業のなかでも、バッハの音楽の美しさに没頭できるのかもしれないが、どうも私は修行が足りないのかそうはいかない。

この果てしない忍耐テストに何か意味はあるのか?

 

アヤ・ナカムラはオリンピック開会式でピアフを歌うのか?

エディット・ピアフ(左)とアヤ・ナカムラ(右)

アヤ・ナカムラって誰やの?

アヤ・ナカムラという歌手を知っている日本人は全体の何パーセントいるのか?

世情に疎い私が言うのもなんだが、彼女の日本での知名度はかなり低いと思うのだが。

私だって、最初アヤ・ナカムラの本名は中村綾で、日本にルーツをもつ歌手だと思っていた。

ところが彼女と日本の関係は一切ない。

アヤ、つまりAYAは彼女のルーツ、マリ(アフリカ)ではよくある名前で、ナカムラはアメリカのTV番組の登場人物からとったらしい。

うちの夫ちゃんでさえ、

「なんでこんな芸名にしたんだろうねぇ」

と言うが、私も同感である。

とにかくアヤ・ナカムラエディット・ピアフ以降、フランス語圏の国と地方でもっとも聴かれた歌手で、代表曲「Djadja」はYoutubeの再生回数8億超えの大ヒットだと言う。

そして今回のパリオリンピック開会式でも歌声を披露する予定だったのだが、それをよしとしない極右、および彼女の歌を好まない人々のあいだで論争がおこり、「結局どうなったんだろうね。」とフランス語のムッシュー先生も心配していた。

それでちょっと私もこの論争についての記事をいろいろ読んでみることにしたのだ。

アヤ・ナカムラの大ヒット曲「Djadja(ジャジャ)」

ここで彼女の代表曲「Djadja(ジャジャ)」を聴いて見よう。

ジャジャとはマリのことばで、とりえのない月並みな男のことを指すらしい。

www.youtube.com

アヤ・ナカムラをめぐる人種差別論争

ことのおこりを時系列で並べてみると

  • マクロン大統領がアヤ・ナカムラにオリンピックの開会式でエディット・ピアフの歌を歌ってほしいと頼んだ。
  • 彼女は承諾し、「ピアフは大好きだ」と答えたらしい。
  • しかし彼女はのちにインスタグラムのビデオで「ピアフって誰?」と投稿した(この真意がわからない:なんでピアフの歌を歌わなあかんの?私の歌ではなくて、ということ?)
  • 極右グループがセーヌ岸に「どうしょうもない、アヤ。ここはパリでバマコ(マリの首都)の市場じゃないんだぞ!」という人種差別的な横断幕を掲げた。
  • アヤ・ナカムラへの人種差別についてリクラ(人種差別と反ユダヤ主義をめぐる国際連盟)からの報告を受けた検察が捜査を開始。

アヤ・ナカムラのヒット曲を分析した動画

政治的なことを深堀りするのは、私には似合わないので、音楽的にアヤ・ナカムラの曲はどうなんだろう?と調べてみた。

そして次の分析動画がとても参考になって面白かった。

ミュージシャンであるユーチューバー氏はどちらかというと、アヤ・ナカムラの音楽については否定的で、今までまともに聞いたことがなかったらしい。

www.youtube.com

氏の分析をおおまかに言うと

  • ジャジャのコード進行はありきたりなもの:Dm➡B♭➡Gm➡C
  • リズムは下記で、他の曲にも使われている。

氏はピアノを弾きながら、「あ、ここは好き!」という箇所が数回あったが、問題は歌詞。

フランス語ネイティブであるらしい氏にはまったく理解できない語句が多数あるらしい。

つまりそれはアヤ・ナカムラのルーツである西アフリカの用語だったり、パリ郊外の若者のことばらしいのだ。

だから伝統的なフランス語を重んじる人たちは、彼女の歌に眉をひそめるらしい。

この分析氏もお若いようだが、彼女の歌詞には「vulgaire=下品」なところがある、となかば顔をしかめるように言っている。

さあ、アヤ・ナカムラはオリンピック開会式で歌うのか?

歌うとしたら、ラップ風「バラ色の人生」か「愛の讃歌」なのか?

楽しみだなぁ。