夢でささやくピアノ

クラシックピアノとジャズピアノの両立を目指す、66歳ゆめこの迷走記録

インドブームが昂じて神戸北野のインド料理店へ

インド料理レストラン「アールティ・北野本店」

わが家のインドブーム

先日、インド映画「きっと、うまくいく」を見てから、わが家(といっても夫と私だけ)では、ちょっとしたインドブームになっている。

kuromitsu-kinakochan.hatenablog.com

そこで今度はぜひ、インド料理店へ食べに行こうということになったが、夫が「ナンが食べ放題の店に行きたい」と言い出した。夫は兵庫県南部に引っ越してくる前には、東京、丸の内近辺で勤めていたのだが、なんでもその近所にはナンが食べ放題の店があったらしいのだ。

私は唸った。神戸は昔から国際都市といわれているけれど、今や圧倒的に在日外国人の数は東京のほうが多いだろう。ということは、あらゆるサービスが大東京では可能なわけだ。ナンでもかんでも食べ放題の店も多いだろう。

「そんな店はないと思うよ」と言いながら、私は一応食べログで点数の高いインド料理店を3つ選び出し、夫に選ばせた。というのも食材に関する好みが夫はわたしよりはるかに難しいからなのだ。

インド料理店「アールティ・北野本店」でランチ

お店に到着した時間は正午ちょっと前だったせいか、私たちが一番のりの客だった。店内はインドを思わせる絵や装飾品が多数あり、インドの雰囲気を求めていた私にはピッタリ。正面には大画面があって、ボリウッドダンスをする美女が映し出されていて最初は面白いなぁと思ったが、だんだん煩くなってきた。頼めば止めてもらえただろうが、まあせっかくなので、ということでそのままにしていた。

ターリセットはボリューム満点!

私が選んだ料理は、「いろいろ食べたいカレー好きなあなたにコレ!」というキャッチフレーズがついたターリセット¥1,800だ。私がカレー好きなのかどうかは疑問だが、とにかくちょっとずつ色々なものを試してみたかったのだ。

内容は、選んだカレーが2種(キーマとナス・チーズを選択)、野菜のてんぷら、サフランライス、チキンティカ、パパド(薄い塩味せんべいみたいなもの)、野菜サラダ、プレーンナン。

ボリュームは満点で、あまりおいしくない野菜サラダと、珍しくないサフランライスをあまり食べなくてもお腹がいっぱいになり、ナンは半分残してしまった!しかし、総体的に味は辛すぎず、スパイスの香りも強すぎず、ちょうどよい。私なら5点中4.3ぐらいはつけたい。

一方、夫はマトンカレーにナンのセット¥1,800。それだけでは当然足らず、ナンを¥300でお代わりのうえ、チキンティカマトンケバブを注文していた。マトンを嫌う私に遠慮して普段、家でマトンを食べないので、ここぞとばかりにマトン祭りをしていたようだ。

「国際都市神戸」は健在か

しばらくしてから、インド人を含む6人ぐらいのグループが到着したので、お店も賑やかになった。インド人はくせのある英語を話し、アジア系の女性たちも日本訛のない、かといって欧米人の話す英語とはちょっと異なる英語を話していた。それで考えてみたら、お店のコックはインド人、ウェイターもインド人、私の夫はフランス人だから、その日その時、日本人は私だけだったのかもしれない?!

あらためて「国際都市神戸」は健在かな?と思ったしだいである。