夢でささやくピアノ

クラシックピアノとジャズピアノの両立を目指す、65歳ゆめこの迷走記録

【自撮動画】2回も迷子になった最悪アンサンブル練習会

 

失敗を忘れずに記録することにした

入会しているジャズピアノ&ボーカル教室のアンサンブル練習会に、先週末参加した。私にとっては2度目の参加だったが、前回は比較的うまくいったのに比べて今回は反省材料の多い、最悪な練習会となってしまった。

私はイヤなこと、失敗したことには正面から向き合わず、いつも忘れることで今まで過ごしてきた。しかし、ブログも始めたことだし、ちょっと生き方をかえてみよう、と思い、失敗を忘れずに記録することにしたのだ。

JR大阪駅→福島周辺で地理的迷子になる

当日はすばらしい秋晴れの日だった。アンサンブル会のスタジオの最寄り駅は、大阪環状線の福島駅だが、前回の経験で、JR大阪駅から福島だと、充分歩ける距離だと判断した。それで、福島駅で降りず、大阪駅で降りることにしたのである。

これまで乗り換えで何回か利用したことのある大阪駅だが、出口まで到達したことはなかった。とりあえず、どこの出口かわからないが、外へでてみることにしたのだが、周辺があまりに美しく、いわば整備されているのにビックリした。

巨大なビルの周辺には街路樹の緑がきらめき、歩道にはパラソルがおいてあってまるで、青山、表参道みたい。私の知っている泥臭い、ややこしそうな大阪はどこへ行ったのだ?

スマホのマップを参照しながら歩いたのにもかかわらず、なぜか目的地の北方向に歩いていたようで、すばらしい陽気のなか、汗はだらだら、日傘をさしながら、約1時間も放浪したのだ。早めに家を出たから大事には至らなかったが・・・まず、これが迷子の1回目。

初見歌伴で音楽的迷子になる

2回目の迷子は、以前からちょっと心配していた初見歌伴で起こった。文字通りの初見で、その場で譜面を渡されたのだが、曲はまぁまぁ知っている、「Our love is here to stay」、キーはB♭だからそんなにむずかしくない。

おまけに歌ってくださったのは、先生の奥様でプロのボーカリストだから問題が起こるはずがないのだ。

ところが、私はあまり面白くないイントロからはじめ、テーマ、そして自分のアドリブを弾いているうちに、突如、どこを弾いているかわからなくなったのだ!

助けを求める意味で、私はベースとドラムのお兄さんたち、そしてボーカルの奥様のほうをキョロキョロしたが、たぶん3人ともどうにかしよう、と思ってくださっていたのかもしれないが、私からは「こりゃ、助けようがないわ」と思われたように見えた。

しかたなく、私はもう一度、テーマにもどり、そしてやっと、奥様にはいってもらって、無理やりダサいエンディングで終わらせることにしたのだった。他の生徒さんたちが、知らない曲でも見事に歌伴を務め上げたのに比べて、なんと恥ずかしいことか!間違いなく「ロスト」してしまい、これが2回目の迷子。

【自撮動画】ベースとドラムからスルーされた「Golden Earrings」

実はこの歌伴の前に、ピアノトリオで「Golden Earrings」を弾いたのだが、これもあまりうまくいかなかった。

私の思惑では、イントロ4小節のあとに、ベースとドラムにはいってもらうつもりだったが、なんとお二人にスルーされてしまい、私はひとりでテーマの最初4小節を弾く羽目になったのだ。なんでやろ? そんなにはいりにくいイントロだったのか? それともショボすぎて、もっと弾くだろうと思われたのか?次回のレッスン時に、先生に確かめてみるつもりだが、きっとこう言われるのだろう。

「ソロピアノのクセがぬけてへんから、コミュニケーションが足らんねん。」

思い出したくない演奏だが、反省材料として下に貼っておく。

 

youtu.be